腰椎椎間板ヘルニア

Q.以前から腰痛があったのですが、最近腰痛が軽くなったと思ったら、左下肢の痛みが出て歩行がつらくなってきました。どうしたのでしょうか。

A.症状からすると腰椎椎間板ヘルニアと思われます。

椎間板は、背骨の骨と骨の間にある軟骨で、衝撃からのクッションの役割と背骨の可動性を担っています。構造的には、中心部の髄核と言われる柔らかい部分とその周囲を取り囲んでいる少し硬い線維輪からできています。

椎間板ヘルニアは、線維輪に亀裂ができてその亀裂から髄核が飛び出したものです。椎間板が変性し、線維輪に亀裂がはいった時期は、腰痛が主体ですが、髄核が線維輪を破って脱出すると、神経を圧迫、刺激して、下肢の痛み、いわゆる坐骨神経痛が出現します。

治療は、まず鎮痛剤の投与、コルセットの装着などで安静を保ち、少し症状が落ち着いたら、牽引、温熱療法などのリハビリ(物理療法)を開始します。

症状が強ければ、神経ブロックを行うこともあります。場合によっては入院し、安静加療が必要となることもあります。

症状は1〜2か月で改善することが多いですが、生活に支障のある痛みが続くときや、筋力低下・知覚障害などの神経マヒの程度が強いときは、手術が必要です。

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック コンテンツメニュー

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック 診療科目

整形外科・外科
リハビリテーション科

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック コンテンツメニュー

問診表をダウンロードいただけます。
あらかじめご記入の上お越しいただくと、受付をスムーズに行うことができます。

中央区 日本橋 人形町 整形外科河合クリニックの問診票ダウンロード
問診表ダウンロード

教えて河合先生

お問合せ

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック

医療法人社団 麗会  整形外科河合クリニック
〒103-0013 東京都中央区 日本橋人形町1-6-9 人形町大内ビル2階
中央区 日本橋 人形町 整形外科河合クリニック
>>詳しい地図はこちら
03-3669-3700

このページの先頭に戻る