変形性膝関節症

Q.数ヶ月前から椅子から立ち上がる時、階段を下りる時などに左膝に痛みを感じるようになりました。最近腫れも出て膝が伸びなくなってきました。(60才 女性)

A.変形性膝関節症に伴う関節炎、関節水腫と考えられます。

膝の変形の原因は使いすぎ、肥満、O脚、外傷などが原因で発生しますが、一番の原因は加齢です。

病態は、関節の軟骨のがすりへることにより関節がぐらつき、その反応により骨の形成が起こり、関節が変形します。
また、関節のぐらつきにより滑膜炎が起こり、痛みと関節水腫が生じる病気です。

主な症状は、歩き始めや立ち上がり、階段の昇り降りなどを行った際の痛み、また正座やしゃがむことができなくなったり、炎症によって水がたまり関節が腫れたりします。

診断は、X線、臨床症状でほぼ確定できますが、関節リウマチ、半月板損傷などとの鑑別が必要です。
治療は病気の程度によりますが、運動療法、薬物療法、注射療法、物理療法、リハビリテーション、装具療法、手術治療とさまざまな治療があります。

X線による病期分類が治療方針の決定に有用です。
グレード0(正常)からグレードW(末期)まであり、Tは筋力強化を中心とした運動療法、Uはでは運動療法に加えて足底板などの装具療法、T、Uともにヒアルロン酸の関節内注射が有効です。Vは膝装具などの装具療法、関節鏡、骨切り術などの手術療法が、Wは人工関節設置術の適応です。

どのグレードでもリハビリは最も重要で、筋力強化、可動域訓練、物理療法は効果があります。
疼痛が強い時は鎮痛剤の投与を、関節水腫が強い時は、穿刺排液という水を抜く治療や、ステロイド注射を併用します。

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック コンテンツメニュー

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック 診療科目

整形外科・外科
リハビリテーション科

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック コンテンツメニュー

問診表をダウンロードいただけます。
あらかじめご記入の上お越しいただくと、受付をスムーズに行うことができます。

中央区 日本橋 人形町 整形外科河合クリニックの問診票ダウンロード
問診表ダウンロード

教えて河合先生

お問合せ

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック

医療法人社団 麗会  整形外科河合クリニック
〒103-0013 東京都中央区 日本橋人形町1-6-9 人形町大内ビル2階
中央区 日本橋 人形町 整形外科河合クリニック
>>詳しい地図はこちら
03-3669-3700

このページの先頭に戻る