腰部脊柱管狭窄症

Q.以前から時々腰痛を自覚していましたが、最近歩いていると両足がシビレてだるくなり、しゃがみ込んでしまいます。しばらく休んでいるとまた歩けるようになるのですが・・・

A.症状からは腰部脊柱管狭窄症による間欠性跛行が疑われます。

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)は最近注目されている病気です。

神経を取り囲んでいる脊柱管が椎間板の変性、突出、椎間関節の変形、黄色靭帯の肥厚などにより狭窄され、神経を圧迫し症状が出現します。

症状は主に2種類あり、片側の下肢の疼痛を主体とした神経根型と今回の症状のように両下肢のシビレ、だるさ、脱力感などが主体の馬尾神経型があります。また、両方の症状が混じりあった混合型もあります。

いずれも安静時にはほとんど症状がなく、歩行で症状が出現、増悪、しばらく休むとまた歩行が可能になるという症状の繰り返し(間欠性跛行 かんけつせいはこう)です。

間欠性跛行は下肢の慢性動脈閉塞でも起きますので鑑別が必要です。特に足趾の冷感があり、安静時の疼痛、足背の動脈が触れないときは閉塞性動脈硬化症が疑われます。

治療は投薬が主体となります。神経根型には鎮痛剤を、馬尾神経型には血管拡張剤を使用します。また馬尾神経型は神経周囲の血流障害があるため、血管拡張剤の注射が有効な場合があります。コルセットの装着、骨盤牽引などの物理療法もよく行われます。

どちらの型も症状が強い時は神経ブロックも行われます。疼痛、歩行能力の低下により、日常生活動作に支障が出現したときには、手術を考慮します、さらに明らかな筋萎縮、筋力低下、知覚障害、特に排尿障害が出現したときには手術が適応です。

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック コンテンツメニュー

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック 診療科目

整形外科・外科
リハビリテーション科

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック コンテンツメニュー

問診表をダウンロードいただけます。
あらかじめご記入の上お越しいただくと、受付をスムーズに行うことができます。

中央区 日本橋 人形町 整形外科河合クリニックの問診票ダウンロード
問診表ダウンロード

教えて河合先生

お問合せ

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック

医療法人社団 麗会  整形外科河合クリニック
〒103-0013 東京都中央区 日本橋人形町1-6-9 人形町大内ビル2階
中央区 日本橋 人形町 整形外科河合クリニック
>>詳しい地図はこちら
03-3669-3700

このページの先頭に戻る