足のシビレ

足のシビレの多くは、足を支配する神経が通っている、背骨の中の管「脊柱管」で神経が圧迫され、起こります。

原因と考えられる病気

腰椎椎間板ヘルニア
椎間板の脱出により、腰痛や下肢に痛みやシビレが出る。
腰椎椎間板ヘルニアについての詳細はこちら
脊柱管狭窄症
加齢により脊柱管が狭くなり神経が圧迫される。
下肢に痛みやシビレ・歩行障害(間欠性跛行)。
脊柱管狭窄症についての詳細はこちら
末梢神経障害
糖尿病などの病気が原因で、神経に直接障害が起きる。
両手足のシビレ、疼痛、冷え。
腓骨神経マヒ
長時間の正座、あぐら、飲酒後の寝相などにより
神経が圧迫され起こる足のシビレ・マヒ。
閉塞性動脈硬化症
下肢の動脈が細くなったり、塞がったりすることで
足のシビレ・冷え・疼痛・歩行障害(間欠性跛行)が起きる。
頚椎症
頚椎の病気で、脊柱管が狭くなり、両手両足のシビレ
歩行障害が起きる(頚椎症性脊髄症)。
頚椎症についての詳細はこちら

シビレは正座をした後のようなビリビリとした感覚の他にも、触ると痛い、触った感触がにぶいといったものもあります。
シビレは末梢神経から脳への伝達の途中で問題があり、起こります。
だからといって脳の異常や、神経の病気とは限りません。

また、シビレは一時的に起こることが多いですが、やはり頻繁に起こるようでしたら一度受診されることをおすすめします。
検査を行い、整形外科の病気でない場合には、脳神経外科や神経内科などに紹介させていただいていますので、お気軽にご相談ください。

治療方法

足のシビレは、腰椎に原因があることも少なくありません。
その場合は腰へホットパックとよばれる温かいカイロのようなものをあてて患部をあたためながら、骨盤牽引をおこないます。
神経に加わっていた圧迫を減らすために、骨盤から引っ張ることで腰椎を伸ばしていく治療になります。

また、神経が麻痺している状態ですので、低周波治療器での治療も効果的です。
身体に流れている電流(生体電流)に近い電気を流すことにより、神経の動きを正常に戻していき、神経機能の回復・調整を行います。

また、座わった姿勢でいると腰に負担がかかりますので、長時間座りっぱなしにならないよう工夫をされると良いでしょう。

関連リンク
Q&A:以前からあった腰痛。左下肢の痛みが出て歩行がつらくなってきました。

Q&A:以前から時々腰痛を自覚していましたが、最近歩いていると両足がシビレてだるくなり、しゃがみ込んでしまいます。

Q&A:よく坐骨神経痛という言葉を聞きますが、どういう病気ですか?若い人もかかる病気でしょうか?

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック コンテンツメニュー

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック 診療科目

整形外科・外科
リハビリテーション科

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック コンテンツメニュー

問診表をダウンロードいただけます。
あらかじめご記入の上お越しいただくと、受付をスムーズに行うことができます。

中央区 日本橋 人形町 整形外科河合クリニックの問診票ダウンロード
問診表ダウンロード

教えて河合先生

お問合せ

中央区 日本橋 人形町 三越前 小伝馬町 整形外科河合クリニック

医療法人社団 麗会  整形外科河合クリニック
〒103-0013 東京都中央区 日本橋人形町1-6-9 人形町大内ビル2階
中央区 日本橋 人形町 整形外科河合クリニック
>>詳しい地図はこちら
03-3669-3700

このページの先頭に戻る